過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

お財布がピンチの時、その額が少額であれ友人、知人などか…

お金が必要になったとき、その額が少額であれ知人または友人などからお金を借りると、築いてきた関係が壊れてしまう可能性があります。これは、自身が貸してあげる側になった場合であっても同じことです。ですから、自分がその立場に立たされた場合、少々、そういった意味での覚悟は必要でしょう。普通に考えて世の中に、他人にお金を貸したい人はかなり少数です。これまでの関係があるからと言って約束した通り貸したお金がしっかりと返済される保証なんてありませんし、貸金業者のように利子付きで貸し出すワケでもないので正直なところ、リスクだけで、メリットが何もありません。あなた自身、お金のやりとりで周囲とトラブルになりたくないのであれば、キャッシングの利用をするのが無難です。ここ最近は、昔より低金利なサービスも増えており、格段に使いやすくなっています。

過去記事一覧