過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

キャッシングサービスを利用する方にとって、特に心配になってしまうの・・

キャッシングを使用を検討している場合、何よりも気になってしまうものと言えば、やはり「金利」の値でしょう。利率は融資の額の総額により異なってきます。一般的に、10万以下となる少額の融資の場合なら、20パーセントまでが金利の上限値です。10万から100万までの借り入れの場合なら、18パーセント、それを上回る高額の借入れの場合、15パーセントが上限金利です。こんな感じで契約額が多くなるほどに金利の上限値が低くなっています。とはいえ、実際、上限値ギリギリでお金を貸し出す業者はほとんどいないのが現状です。消費者を獲得するために上限より利率を抑えたうえで、利用者の負担が抑えられるように魅力的な商品を展開している金融会社が多い傾向にあります。

過去記事一覧