過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

昔は、消費者金融のことを世間では「サラ金」と言っていました。

昔は、消費者金融のことを世間では「サラ金」と呼んでいました。「サラ金」という言葉は、サラリーマン金融という言葉の略で、消費者金融がサラリーマンを顧客としている金融業者、であるということから「サラ金」と言われていました。この頃は、高金利でお金を貸すという事実もあり、当然、世間からすれば印象はよくありませんでした。この頃の印象を持っている昭和世代からすると、当時とはまったく違う、近年の消費者金融と人々との関係に、間違いなくビックリする人も少なくないでしょう。最近では、「銀行」と連携した動きを見せるようになり、信用度も高められてきました。安定していったことで、金利に関しても銀行並みに低く抑えている業者も結構増えています。更に、契約の際の審査も緩めで、即時融資にも対応してくれるます。ですので、資金繰りに困ったときは、銀行なんかよりも「消費者金融」のほうが使いやすいかもしれないですね。

過去記事一覧