過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

キャッシングなどでお金を借りたとき、借りた金額に対し、利子が付きます。

キャッシングサービスで借り入れをすると、借り入れした額に対しての利子が付きますが、この利子については、毎月、返済するとき元本にプラスして支払っていきます。キャッシングにおける「金利」においては、行政から年利で表記されることが義務付けられているため、どこの会社も、3~18%のような範囲があります。これは100万円未満で借入れをした場合は、そのほとんどが、上限の金利が適用されるという風に考えておいた方が良いでしょう。「3~18%と書かれているのであれば、自分が借りた場合は、金額的に見てせいぜい10%くらいの年利だろう」などと勝手に考えるのは危険です。書かれている上限の数値より低い金利が適用されるのは借入れトータルが100万円を上回るかなり大きい金額の契約をしたときに限定されます。

過去記事一覧