過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

キャッシングの返済は約定方式といい、1ヶ月、あるいはそれに準じる周期ご…

キャッシングでの返済方法は約定方式といわれており、1ヶ月、もしくはそれに準じるサイクルごとに借りた金額によって決まる最低返済額以上になる金額を必ず返済していくのです。「今月はどうしてもお金に余裕がないので次の返済日にまとめて2ヶ月の返済を希望したい」という話は通用しません。加えて、最低返済額に満たなければ返済はできません。毎月やってくる返済期日までに、契約上、一円たりとも不足のないように、必ず最低返済額以上になる金額を求められるのです。当然ながら、余裕があって、返済額が最低返済額より多い分は、超過分は元本から引いてもらえるので何も気にする必要はありませんが、返済額を下回っていると、「遅延」していると判断されるので、個人の信用状況を管理している情報管理機関にも「遅延」として記録されてしまうので要注意です。記録が残ると、その後の社会的信用に影響が出ますから、携帯電話の新規契約ができないなど、自分にとって社会的に不都合な状況に陥る可能性もあります。

過去記事一覧