過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

金融業者などからお金を貸してもらう際は、当然ですが、定期収入がないといけません。

金融業者からお金を借りる場合は、当然ですが、定期的かつ安定的な収入源がないといけません。金融業者からお金を借り入れする際は、審査項目の最も重要な部分であるこの定期的な収入があるの意味合いとしては、毎月、安定した額の収入がある、ということです。しかし、定期収入のなかでも、残念ながら「年金収入」は審査の枠から外れるケースが多いため、気をつけておくべきです。とりわけ、消費者金融では、年金のみで契約が行える見込みはありません。更に、年収として見たときまずまずの金額だったとしても、いわゆる単発のアルバイト、または、休日を利用したアルバイトをして収入を増やしていった場合は、年金同様、利用の対象外です。バートやアルバイトのような形式で収入を得ている場合は、毎月、それなりの決まった収入があることが必須となります。

過去記事一覧