過去記事一覧

過去記事一覧

TOP

消費者金融でキャッシングした場合の、上限金利は20%と決められています。

消費者金融でキャッシングした場合、上限金利は20%とされています。借入額が10万円を超えると20%以下の年利が適用されますが、借入金額が10万円に満たなければ最高金利の20%が適用されるのです。消費者金融よりも金利の設定が低いのが銀行のカードローンになるのですが、銀行系のカードローンは、上限金利が15パーセント以下で契約可能なので借り入れした際に当然、発生する利息も少なくて済みます。なので、利用時の負担についても軽減される点がメリットになります。ですが、低い金利なだけあり、やはり審査が厳しい傾向があります。審査が終了し、回答を得るまで2日から4日ぐらいほど必要になるため、迅速に融資してもらえないのもデメリットに挙げられます。なので、銀行カードローンでのキャッシングは、現金を必要とするタイミングに合わせられるよう、利用申し込みをすることが大切なのです。

過去記事一覧